しあわせ妊娠マニュアルの食事療法

妊娠と食事の関係

このページでは、「しあわせ妊娠マニュアル」第11章「食事療法」について紹介していきます。

 

食事のメニュー

 

溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」は、不妊に悩んでいる方には共通の問題点を見つけ出し、その点を重点的に改善していくことで、自然にラクな妊娠・出産・育児ができることを目指したプログラムです。

 

普段はあまり意識しないかもしれませんが、私たちの身体を作っているのは食べ物から得られる”栄養素”です。

 

妊娠とはこれから体内に新しい命を宿すことですから、当然、必要な栄養素はかなり重要な位置をしめます。

 

もしかすると、今あなたは不妊治療をおこなっているかもしれませんが、それがどんなにあなたに適している治療法であったとしても、赤ちゃんに必要な栄養をとって、スタンバイしておくことが大切なのです。

妊娠の確率を上げられる!

食事療法

右図でご覧いただいているのがマニュアルの一部です。

(著作の関係上、伏字ばかりで申しわけありません。)

 

しあわせ妊娠マニュアルで紹介されている食事療法は、単なる食材、分量、調理法、メニューといったものだけではありません。

 

食材の割合やバランス、食事の仕方まで具体的に紹介されています。

 

また、妊活には不向きと言われている食材も、調理法を変えることによって問題のない食材に変身させることもできるんです。
そして、その食材の栄養素が妊娠に対してどのような好影響を与えるのかも紹介されています。

 

さらに、栄養を補うものとしてサプリメントも紹介されています。

 

しかも、活性酸素を除去するサプリメント免疫力を高めるサプリメントと分けて紹介されていますので、どうしても食事では補いきれない栄養素を積極的にとることもできるんです。

妊娠と栄養の深~い関係

食事療法

妊娠したいと考え始めたら赤ちゃんがやってきたときのために、最高の環境を用意しておく必要があるんです。

 

それには、まず自分自身の身体を整えること、つまり「正しい食べ方で適切な栄養を摂ること」が大切なのです。

 

 

1.妊娠の確率がぐっと引き上げられる!

 

たとえ年齢を重ねていても特別な原因がなく、健康状態が万全であれば十分に妊娠の可能性はあります。

 

不妊治療でいろいろ試してみたけれどなかなか妊娠しないという場合、栄養面のバックアップは妊娠の確率を上げることに繋がります。

 

 

2.母体のアンチエイジング効果がある。

 

母体の年齢が上がるということは卵子も年をとっていくということ。さまざまな老化現象が起こるのと同様に、卵子も老化するのですね。

 

活性酸素は本来細菌やウイルスから体を守るための物質ですが、この活性酸素によって細胞がサビる(=酸化する)と、次々と周りの細胞をサビびつかせていきダメージを与えてしまう一面ももっています。つまり卵子も酸化ストレスにさらされ、サビついてしまうということなんです。

 

卵子が時間とともに老化するのはある程度避けられないことなんですが、適切な栄養素を摂ることである程度防ぐことが可能になり、「状態のいい卵子」があれば妊娠率はアップするんです。

 

 

3.産前産後も元気に乗りきる!

 

妊娠の準備をすることはもとより、赤ちゃんを授かったとしても、きちんと栄養とっている妊婦さんはつわりもほとんどなく、妊婦生活を元気に快適に過ごしています。

 

妊婦さんに体力があるので出産も比較的楽に住み、産後の体調がいいので母乳もたくさん出て、育児も楽しめるようになります。
現在、妊娠を考えている方の多くは仕事をしながら妊娠・出産・育児を経験することになりますが、きちんと栄養とっていると体力も維持できます。

 

栄養はワーキングマザーの心強い味方なのです。

 

あなたが準備できることを、赤ちゃんは待ってくれています!

 

しあわせ妊娠マニュアル,口コミ,溝口博士